自動車 無料査定 比較ランキング

「下取り」と「買取り」どちらがお得?

「下取り」と「買取り」を比べると、買取りのほうが査定金額が高くなる傾向があります。

「下取り」と「買取り」を比べると、買取りのほうが査定金額が高くなる傾向があります。

 

また、買取りなら複数の業者に査定を依頼できるので、買取価格を比較しながら高く売ることもできます。

 

下取りの場合は、新車などの購入が前提となるので、業者によっては多少高く買い取ってくれる場合もありますが、愛車をできるだけ高く売りたいなら、やはり買取りによる査定金額の比較は必須と言えるでしょう。

 

 

車を売るということでは、「下取り」も「買取り」も同じです。

 

しかし、買取金額やその後の流通経路には、大きな違いがあります。両者のメリット・デメリットをチェックしましょう。

 

 

次の車の購入が前提になる「下取り」の場合

 

「下取り」とは、新車または中古車をディーラーで購入する際、新しい車と引換えに、それまで乗っていた車を売却することです。売却金額は、新しい車の購入費用の一部に充てられます。

 

つまり、古い車を売って、新しい車を安く買うということですから、こちらのうる立場からすれば、その会社の車を買うのだから、当然高く買い取ってもらえると思うのが普通なんですね。

 

でも、その場合の、査定価格というものは、新しく購入する新車の値引き価格がどこまでで、下取り価格がいくらというような基準がはっきりしませんので、高く買い取ってもらっのかよくわからないのが普通です。

 

ですから、下取りに出す前に、買取業者に査定をしてもらいある程度の相場を知っておくことが、交渉において大事なことになります。

 

しかし、私の今までの経験上からは、車買取業者に車を売却し、現金化するのが「買取り」をおすすめします。
車買取業者は、中古車の販路を多数確保しているため、「下取り」に比べて査定金額が高くなりやすいというメリットがあります。複数の車買取業者に査定を依頼して、査定金額を比較できるのも、買取りならではの魅力と言えるでしょう。

 

また、下取りでは対応メーカーや車種が限定されることも少なくありません。一方、買取りなら、メーカー・車種を問わず、コンディションを客観的に判断して適切な価格を提示してもらえます。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら