自動車 無料査定 高く売る方法

愛車は下取り査定か買取査定かどちらが良いか

あなたは車を買換えするとき、車を購入する販売店に下取りに出しますか、それとも車査定で買い取り価格の高い会社に売るのが先ですか?

 

もし、車を下取りに出して車を買換えしようとしている方は、その前に自分の車の一般的な査定額を知っておくことがとても大切なことになります。

 

「自分の車の査定額を知っておくこと」

 

もし、あなたが自分の車の査定相場を知らないと、下取り業者の言い値でしか買い取ってもらえませんよ。
これは、競争原理がありませんから。

 

もし、あなたが自分の車の査定相場を知っていれば、業者のいう価格に対して、高いとか安いとか反論できるからです。

 

もしあなたがが車を買い替えるにあたって、今お持ちの愛車を下取りに出されるとしても、適正な買取価格で下取ってもらうためにも一度車買取専門業者による買取査定を受けておくことをおすすめします。

 

適正な買取価格を知っておけば、車を下取ってもらう際の交渉を有利に運ぶことができ、愛車を高額で買取ってもらえる可能性が高くなります。
愛車の下取り査定時に、「00買取店は00万円で、査定してくれた。」というだけで、高額で買取ってもらえる可能性がアップします。

 

基本的には車のカーディーラーなどの車販売店による「下取り」よりも、車買取専門店による「買取」の方が、車はより高価に売却できるのが現実です。
下取りの場合と買取の場合の価格差額が25万円以上もあるのは良く聞く話なんです。

 

ではなぜこのようなことが起こるのでしょうか?
これは「下取り」と「買取」の仕組みがまったく別物なために起こる現象です。

 

でも普通の人は、下取りと買取りの仕組みが違うなんて知らないと思います。

 

車の一括買取査定に自分の車を出すということは、自分の車をオークションに出してると同じことなんです。その車が欲しい業者は、どんどん競争価格をつり上げてくれるからです。 

 

車の下取りと買取の違い

 

車の下取り

新車・中古車に関わらず車を乗り換えるにあたって今乗っている愛車を新たに車を購入する業者さんに買い取ってもらって、新たな車の購入資金の足しにすることを言います。

 

車の買取り

車を買い取りを専門に行っている業者に、今乗っている愛車を買い取ってもらうことを言います。

 

 

しかし、業者を一つ一つ回っていたのでは、大変な時間と労力を必要としますから、現在の車買取査定の方法は、愛車の一括査定を無料でしてくれるサイトや業者に依頼するのが普通になっていますから、高く買い取りが可能なのです。

 

車買取業者の買取の特徴

車の買取業者の特徴は、次のようにいくつかの点があげられます。

 

1. 対象者が車の販売業者になるため、車種やメーカーなどにこだわることがない
2. 車に搭載されているETCやカーナビ・オーディオなどが純正品でなくても査定対象になる
3. ホイール類やボディー系などの外装部品も、純正品でなくても査定対象となる
4. 複数の業者で競合させ、一番高い価格で売却することが可能

 

しかし、メーカー系の販売ディーラーに下取りを依頼した場合は、部品などは自社の純正部品は査定対象になりますが、後付けの部品に関しては査定対象とみなしません。親会社の戦略として、自社ブランドを守るために社外パーツや車両を排除する傾向が見られるからです。

 

実際に私も何度か愛車の買い替えをしてきましたが、そのたびにディーラー査定と車買取業者査定をしてきましたが、いつでもディーラー査定が最低価格だったことを知っています。

 

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら