自動車 無料査定 比較ランキング

中古車査定のポイント

車査定士に聞いてみました。車査定士は車のどんなところを基準に査定をするのでしょうか?

 

車査定士に聞いてみました。車査定士は車のどんなところを基準に査定をするのでしょうか?

 

査定士は中古車のプロです。

 

事故歴やキズを隠しても、すぐに発見されてしまいます。

 

高額査定を狙うなら、まずは「査定士はここを見る」というプロのチェックポイントを把握して、その上で愛車のアピールポイントを見つけることに力を注ぎましょう。

 

ただし、査定基準は車買取業者ごとに異なるのが現実ですか、いくつかの業者に査定を依頼することが大切です。

 

車買取業者の査定士が、あなたの車を査定する際のおもなチェック箇所を紹介します

 

外装(ボディカラー、キズ、汚れ)

 

ボディカラーは査定金額を大きく左右する要素です。人気のある色ほど査定金額が高くなる傾向があります。

 

ボディのヘコミやキズ、汚れのほか、ランプ類、アンテナの破損なども重要な査定ポイント。カギを差し損ねたときにできた、小さな引っかきキズなども細かくチェックされます。

 

内装(シート、フロアマット)

 

シートやフロアマットをはじめとする内装の汚れは、査定士が一番目を光らせるポイントなんですね。

 

汚れがひどく、交換が必要なレベルと判断されれば、査定金額が大幅に下がってしまう可能性も出てきます。

 

タバコやペットのにおいも購入希望者に嫌われるケースが多く、マイナス査定となることが多いようです。

 

エンジン周り

 

査定士は、エンジンの異音をはじめ、オイル、プラグの状態、改造パーツの有無、修復歴の有無などをチェックします。エンジンをオーバーホールしたり、載せ替えたりしている場合は、申告するとプラス査定になる場合があります。

 

車に関係する書類はきちんと保管しておこう

 

定期点検整備記録簿とか取扱説明書などはあまり査定価格に影響がないように思われますが、次に購入される方にとっては大切な書類ですから、必ず保管しておきましょう。

 

これも査定価格に影響してきますから・・・

 

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら