中古車査定のQ&A

中古車査定のQ&A

車買取・中古車査定サービスを使って、一番「お得」な車買取店を探しましょう。 自動車を売却しようと思ったときや、新車や中古車に買い換えようと思ったときは、まずは中古車査定サービスを利用して、より多くの情報を集めます。中古車査定とはどのようなものかしっかり理解すれば、不安や難しい事は何もありません。

 

中古車査定と下取りについて 

新車ディーラーに下取りさせる方法と、中古車査定を専門に行う買取店に売る方法があります。双方を比較したうえでより有利な方へ売却しましょう。

査定士について 

「査定士」とは、文字どおり中古車査定を行う資格を持つ人のことです。国家資格ではないですが、技能向上研修も実施する制度なので、一定以上の知識を持っています。

買取店の特徴 

買取店の提示する査定額が、新車ディーラーと比較して必ずしも高いとは限りませんが、買取店は、新車ディーラーよりも好条件の査定をする傾向があります。

出張買取について 

店舗に愛車を持ち込む査定と出張査定の違いは、基本的には中古車査定を行う場所が異なるだけです。ですから、「どちらの方が気がラクか」という点を考えていきます。

出張査定の心得 

中古車査定で最も大切な心得は、「自分が売る側で、買取店は買ってくださるお客様」という立場を認識することです。愛車を魅力的に見せる努力が高額査定額の秘訣です。

中古車査定で売る時に必要な書類

 

愛車を買取店に売却する時でも、個人間で売買する時でも、必要な手続きは同じです。クルマには登録の制度があり、移転登録のための書類を揃える必要があります。

売却代金の支払いについて 

トラブルを避けるための安全策は、信用できる業者に売却することです。店舗に出向いてみるなどして信用度を確かめましょう。売却は自己責任になるので、注意しましょう。

 お得に売却する方法

中古車査定の基本を理解したら、よりお得に売却する方法を押さえておきましょう。自分で簡単にできる事が多いので、実践すると愛車の買取額がアップする可能性がより高まります。

中古車査定の売れるまでの流れ

 

いま住んでいる地域から最寄りの複数車買取店へ、オンライン上から一括で車の買取査定依頼を申し込むことができます。一番お得な買取店へ愛車の買取依頼をしましょう。

中古車査定で「お得」に手放す

 

愛車を売却する上で一番重要なのが、車を「査定」してもらい、買取金額と相場感をきちんと把握することです。事前に確認しておくべきいくつかのポイントを押さえておきましょう。

一括中古車査定で「お得」に比較 

車買取ですこしでも「得する」ためには、どの店舗に買い取ってもらうかも重要になってきます。車の買取金額はそれら店舗の特長によって大きく変わってきます。

 高く売る中古車査定のコツ(準備編)

この車が愛され、こまめにメンテナンスされていることをさりげなくアピールしましょう。手軽に実践できて査定額アップにつながるポイントをご紹介します。

高く売る中古車査定のコツ(交渉編)

 

車買取査定をする際に最も重要なのは、いくつかの車買取業者に中古車査定を依頼して、査定額を比較し、自分の車の買取額を把握することです。

査定をしたらサインする前に確認 

車は持っていればいるほど走行距離は伸びますし、新たな傷が付く可能性があります。車を売却しようと決めたら、素早く動くのが得策です。

 気持ちよく中古車査定を行うには

「売るときは1円でも高く売りたい」と思うのはあたりまえの話。せっかく愛車を売るのですから、スムーズで気持ちよい取引を行うためのポイントを押さえましょう。

中古車査定のよくある疑問

 

中古車査定で愛車を買い取ってもらう際には不安な事がいっぱいあります。売却の際のよくある疑問であらかじめ不安を取り除けば、安心して愛車を売ることができます。

契約後のキャンセルは可能か?

 

買取店が車両を引き取り、オークションなどに流通させた後、あるいは次のユーザーに売却した後になると、実質的に車両を前のユーザーに返却することはできません。しかしタイミングによってはキャンセルする事が出来ます

自動車リサイクル法ってなに?

 

新車を買う時には、リサイクル預託金(リサイクル料金)を納めます。これを定めているのがリサイクル法です。愛車を売る側は、リサイクル料金を車両価格とは別に受け取れます。 この点は買取店などに確認しておきましょう。

 

自動車税、自動車重量税などはどうなるの? 

自動車税は売却する時に月割りで還付を受けることが可能です。自動車重量税に還付の制度はなありません。ですから自動車税については、愛車を売却した時に残存期間分を受け取ることができますが、自動車重量税は受け取れません。

事故車や動かない車は売れる? 

売買の基本は、普通に使ってきた愛車でも、事故車や不動車でも変わりははありません。その車両に流通価値があれば売却が可能です。新車として購入してから1年程度の高価格車であれば、流通価値が残っていることが多いです。

 査定基準はどんなもの?

外観、内装、エンジン、サスペンション、ブレーキ、電装系といった具合に、クルマのさまざまな部分をチェックされます。車両の各部分が採点されると考えれば良く、減点だけでなく加点されて査定額が上乗せされる場合もあります。

 ローンが残っている車両も売れる?

基本的には、車両を売却する時には、ローンの返済を済ませておく必要があります。特にディーラーローンの場合、担保の一種として、所有権が販売会社などに留保されていることが多いので注意が必要です。

中古車査定の便利なサービスはありますか?

 

買取店に愛車を売却するときに受けられるサービスにはいろいろなものがあります。最も一般的なのは代車サービスですが、そのほか書類の手続きなど手間を省いたり、ローンの精算などのサービスも買取店を決めるポイントです。

出張査定を依頼すると、売ってもらえるまで査定士が帰らないとか、強引な交渉があるという話を聞きました本当ですか?

 

車を売るかどうかはお客様が判断するものですので、提示させていただいた金額にご納得いただけない場合は、強引に売却を迫るようなことは有りません。

インターネットで査定当日に契約すると高く売れる確率が高いという情報を見つけたのですが、本当ですか?契約を先延ばしにすると査定金額が下がるのですか?

 

査定当日に契約すると高く売れるというのは本当のことです。査定にお伺いしたスタッフは、お客様のお車へのニーズを基に査定額を算出しております。

査定をしてもらって売却契約をしたあとに、キャンセルすることはできますか?キャンセル料などは必要ですか?

 

契約後のキャンセルも承っております。ただし、すでにお車や必要書類を引き取らせていただいている場合には、車の陸送など実際にかかった費用をお客様に負担していただくことがあります。

 キズ・ヘコミは、どのくらい買取価格に影響する?

キズやヘコミの程度や部位によって、査定額への影響は大きく異なりますので、一概に「いくら」と申し上げることはできません。

エンジンオイルは高い物を使ったほうがいい?

 

高級なオイルはもちろん高性能ですが、車の使用方法に対して必要十分なオイルであれば、無理に高いオイルを使う必要はありません。

走行距離が50,000kmを超えると、売却金額がガクッと落ちるという話を聞いたことがあるのですが、本当ですか。どのくらい違うんですか?今、乗っている車が47,000kmです。

 

50,000kmを超えると価格が落ちてしまうケースは確かにあります。ただしそれは、50,000kmに限ったことではありません。

3年後、5年後でも高く売れる車はありますか?次の乗り替えを考えると、値落ちがしづらい車、中古車として高く買い取ってもらえる車種を教えてほしいです。

 

軽自動車とハイブリッドカーはリセールバリューが高く推移することが予想されます。

 タイヤ交換の目安と、タイヤを長持ちさせる方法を教えてください。

空気圧をしっかりと調整しておかないとタイヤの減りに偏りが出てしまう場合があります。最低でも車検時には、タイヤのローテーションを行ったほうがいいでしょう。

車はいつ乗り替えるのがお得ですか?

 

お車を高く売りたいと考えるのであれば、できるだけ早いほうがいいと思います。どんな車でも時間がたてばたつほど価値は下がってしまうものです。

 最近人気になっている車は何?どんな車が売れてるの?

エコカー、コンパクトカー、軽自動車は人気が高いようです。この流れは新車市場と同様と言えると思います。

 ハイブリッドカー特有のメンテナンス方法はありますか?

ハイブリッドカーは、メンテナンス方法よりも、メンテナンスを依頼する先に気を付けたほうがいいかもしれません。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら