人気の車はどんなくるまか

人気の車はどんなくるまか

「自分の車が人気車かどうか」なんてわからないですよね

 

中古車の買取価格は、その車の市場での人気によって大きく変動します。

 

でも「自分の車が人気車かどうか」なんてわからないですよね。ここでは査定士がどのような視点で「中古車の人気度」を測るのか、その尺度をお教えしましょう。

 

車買取業者ごとに尺度=査定基準は異なりますが、一般的なチェック要素を知っているだけで、価格交渉や一括査定時の業者選びがグンと楽になります。

 

車の買取価格を決定する重要な要素に、「人気」が挙げられます。その車にどれだけ買い手がつきそうか、どのくらいのスピードで売却できるかなど、査定士は買い取った車をいかに販売するかということからもシビアな判断を下します。

 

人気差が出やすい車のタイプ

 

ここ数年、注目を集めているのは、「プリウス(トヨタ)」「リーフ(日産)」などのエコカーや、燃費がよく居住性に優れた軽自動車やコンパクトカー。そのほか、車内スペースが広いミニバンもファミリー層を中心に人気を集めています。

 

人気差が出やすい車種

 

同じタイプの車でも、ミニバンなら「セレナ(日産)」「ステップワゴン(ホンダ)」「ノア(トヨタ)」、軽自動車なら「ワゴンR(スズキ)」「ミラ(ダイハツ)」「eKワゴン(三菱)」など、さまざまな種類があり、これを車買取では車種と呼びます。

 

 

特定のタイプ・車種を中心に扱う車買取業者も存在します。自分の車のタイプ・車種と、業者が得意なタイプ・車種が一致すれば、高価買取の可能性は高まります。

 

人気差が出やすいボディカラー

 

ボディカラーも買取価格を決定する重要なポイントです。ホワイトやブラックといったベーシックな色は、中古車購入時のユーザー層が広いため、他のカラーよりも査定金額が高くなる傾向があると言われています。

 

 

年式(型式)

 

同じ車種でも、年式(型式)がほんの1年違うだけで、買取価格がまったく異なる場合があります。なぜなら、年式(型式)によって、車のデザインやスペック、人気に大きな差が生じるからです。

 

国産乗用車は4、5年程度でフルモデルチェンジ、2、3年でマイナーチェンジが行われるのが一般的。フルモデルチェンジでは、デザインからエンジン、足回りまですべてが一新されることが多く、その前後で大きく査定金額は異なります。もちろん、フルモデルチェンジ後のほうが高額査定が期待できます。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら