自動車 無料査定 比較ランキング

自動車の査定額を上げる方法

中古車はちょっとしたことを気を付けるだけで、販売価格が何十万円も違ってくる場合があります。

 

その秘訣をいくつかご紹介しましょう。

 

でも何も知らないばかりに、車を乗り換える時にカーディーラーなどで営業マンに言われるままに「下取り」に出してしまい、営業マンのいうがままの価格で販売してしまい、交渉もしないなんてことは本当にもったいないことですね。

 

車の査定基準

車検証・自賠責保険
外装の傷やへこみ・色褪せ
内装、装備品
エンジンルーム
社外パーツ、純正品
付属品
事故歴・修復歴の有無  などが主な査定基準になります。

 

査定基準をあらかじめ意識して査定をうけるだけでも、車の評価額は大幅に変わります。なにも大幅にお金をかける必要はありません、査定を受ける前の週の週末などお仕事がお休みの日に愛車にひと手間をかけるだけのことで、あなたの愛車価格は大きく変わることがあります。

 

外装の傷やへこみ・色あせ
ほとんどの買取店には安く修理できる仕組みがあるため、傷や凹みがあるクルマでも、安く修復できます。
そのため、多少の傷・凹みであれば、個人で修理せずにそのまま査定に出してしまうことをおすすめします。

 

内装、装備品
シートの汚れやへたり、タバコの焦げあとなどが無いかチェックします。
また、臭いに関しては自分では気にならなくても他の人には気になるものなので、査定に大きく関わるものですので、普段からしっかし換気・消臭等をするよう心掛けておくとよいでしょう。

 

タバコを吸われる方は、あまり気にならないかもしれませんが、吸わない人にはタバコの臭いはひどく気になるものです。

 

また掃除も通り一辺倒なものでなく、掃除機や粘着クリーナーなどを使って徹底的に行うようにしましょう。
この掃除は査定評価を上げる最大のポイントで5〜10万円もの差になって表れてきます、決して手を抜くことのないようにしてください。
査定前の休日を一日使うだけで、5〜10万円も得するのだと考えると掃除したほうがいいですよね。

 

車外パーツ、純正品
車外パーツについては好みがあるので、純正品もあるかどうか評価の対象になります。パーツをとりつけるために穴をあけるなどをした場合、マイナスの評価を受けることもあります。

 

事故歴・修復歴の有無
「事故車」は大幅に価値が下がります。
しかし査定基準では、クルマの骨格などに欠陥が生じているもの、その箇所に対しての修理歴のあるクルマを、「事故車」と呼びますので、軽度の事故(バンパー交換、凹みの補修程度の修理ですんだ事故)は、査定にもあまり影響しません。

 

大きな事故(車体の骨格部分を損傷、ドア・ボンネットを交換等)を起こしていた場合は、査定額に影響しますが売却自体は可能です。

 

複数の車買取専門業者に一括査定して価格を比べる

必要書類や車内外の掃除が終わりましたら、いよいよ複数の車買取専門業者に一括査定に出しましょう。

 

まずは愛車と同じグレードの車種を一番欲しがっている業者を探し出すことです。
もともとあなたの愛車の車種を欲しがっていない業者であれば、査定のベース価格は低いものにならざるを得ません。

 

あなたの愛車を買取業者が欲しがっているかどうかは、査定価格に反映されますので、より多くの業者に一括して査定を申し込む必要があるわけですね。

 

どんな車でも、たくさんの買取業者を探せば必ずあなたの車が欲しいという方がいるはずです。
そういう買取業者を探すのが、高値で愛車を売り抜ける秘訣なんですね。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら