買取業者から買い取られたあなたの愛車はどのような方法で流通するか

買取業者から買い取られたあなたの愛車はどのような方法で流通するか

ほとんどの買取業者は、お客様から買い取った車の約9割を「中古車オークション」に出品しています。

 

ほとんどの買取業者は、お客様から買い取った車の約9割を「中古車オークション」に出品しています。

 

オークションで、買取価格よりも高く車を売ることで、車買取業者は利益を出しているのです。

 

そのため、買取時の査定額は、「オークションに出品したときにいくらで売れるか」を基準に決定されると言っても過言ではありません。

 

また、車買取業者がオークションに出品した車両は、オークション会場の検査員によって車両状態のチェックを受けます。

 

売却した愛車はほとんどの場合、「中古車オークション」を経たあとに、中古車販売店の店頭に並ぶことになります。

 

車買取業者から中古車販売店へと直接に流通するのは、全体の1〜2割程度。約9割は車買取業者から中古車オークション、中古車オークションから中古車販売店という形で流通します。

 

 

つまり、車買取業者が利益を出すには、オークションでの落札金額よりも安く車を買い取る必要があるということになります。

 

そのため、査定額を算出する際には、「オークション会場でいくらで売れるか」という要素が大きなウエイトを占めることになります。

 

オークションで高く売れそうな車は査定額も高くなり、オークションで買い手がつきそうにない車は査定額が安くなると言ってもいいでしょう。

 

なお、買い取った車をオークションに出品せずに、海外へと輸出したり、廃車にした上で部品だけを取り出し、市場に流通させるケースもあります。

 

意外に高値で買い取ってもらえるのが、日本では全く人気がなくても、海外で人気のある車なんですね。

 

ですから、日本で人気のない車を売るときは、海外市場のルートを持っている買取業者を選ぶと良いでしょう。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら