車の買替え・売却のベストタイミングを知る

車の買替え・売却のベストタイミングを知る

車には「高く売れるタイミング」があります。

 

季節要因、モデルチェンジのサイクル、市場動向などで、そのタイミングは左右されますが、ここで紹介するポイントをしっかりと押さえておきましょう。

 

車の価値は週単位、月単位でも変動していきます。

 

現在の車の価値を知りたい場合は、一括査定を依頼してみるのもひとつの手。査定金額をチェックした上で、いつ売るかを考えるのがいいでしょう。

 

車を高く売るためには、最適なタイミングを見極めることも重要です。季節・時期的な要因と、モデルチェンジなどのメーカー動向に注目しておくだけで、高額査定の可能性はアップするはずです。

 

中古車の需給サイクルを知るだけで車は高く売れる

 

季節によって人気のあるタイプ・車種が異なる

 

 

車が高く売れるタイミングを知りたいなら、新車・中古車マーケットに注目しましょう。マーケットの需要と買取価格は連動しているからです。

 

春や夏のボーナス前には、軽自動車やコンパクトカーがよく売れるため、車買取業者も軽自動車やコンパクトカーを高く査定する傾向があります。

 

また、夏休み前や冬には、アウトドア向きの車種に人気が集まるので、RVや4WDは高額査定を期待できます。
上記はほんの一例ですが、市場動向を理解しておけば、車が高く売れる時期がわかってくるはずです。

 

 

車を高く売るなら、3月が一番の狙い目と言われています。3月は、新生活の準備やディーラーの決算期などが重なり、中古車市場が活性化します。

 

中古車の販売台数が増えるので、需要と供給の関係から買取価格が高くなる傾向があるのです。

 

また、3月に中古車の販売が増える要因のひとつとして自動車税の影響も挙げられます。自動車税は毎年4月1日時点での所有者に納税義務があります。

 

そのため、「どうせ乗替えるなら、税金を払うまえに」と3月中の乗替えを考える人が多くなると同時に、中古車へのニーズも高まるので、それだけ高額査定も期待できます。

 

日本車は海外で非常に人気があります。そのため、国内需要の動向だけでなく、海外での需要が中古車オークションの落札価格にも影響を与えることがあります。

 

 

モデルチェンジ前後と年末は注意が必要

 

 

モデルチェンジ後は査定金額が急変する可能性あり

 

国産車は通常、4、5年程度でフルモデルチェンジ、2、3年でマイナーチェンジされます。モデルチェンジが行われると、以前の車は1世代古いモデルとなってしまうので、買取価格が急落してしまう可能性があります。

 

競合車のモデルチェンジにも気をつけましょう。新型の競合車に乗り替える人が増えれば、市場には1世代前の競合車を含め同型車が多くなり、やはり買取価格は下がる傾向にあります。

 

車のモデルチェンジは9〜11月あたりに行われることが多いので、車の売却を考えている方は、チェックしておくことをおすすめします。

 

買取査定の重要な要素に「年式」というものがあります。

 

年式とは、その車に初めてナンバーが交付された年を表すもの。

 

車の年齢表示と言ってもいいでしょう。車は新しいほうが高い評価を受けやすいので、年式が新しいほど高価買取の可能性が高くなります。

 

注意が必要なのは、年式は1月1日に一斉に更新されるということを覚えておきましょう。

 

つまり、何月に登録された車でも、年が明けるとすべて1年分古いものになってしまうのです。

 

「車を売ろうかな」と考えている人は、年明け前に査定をしてもらうことをおすすめします。

 

逆に言えば、1月に車を買ったほうが年式の表示からすると、売るときに有利に働きます。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら