車買取で得するための方法

車買取で得するための方法

査定士と仲良くしよう

 

車の査定は、一応中古車買取既定のようなものがあり、おおむね決まっていますが、最終的な判断は、そのお店、あるいは会社の店長とか査定士といわれる人が決めるわけです。

 

ですから査定士や、店長に対して、横柄な態度をとるような人は、人格面で信用されずに、買取価格に影響することがあります。
査定士も人間です。

 

相手が横柄な態度であれば「信用できない、キズやヘコミを隠しているかも知れない」とマイナス要素を探す目がきびしくなることも…。

 

安心して買取りをしてもらうためには、査定士との信頼関係を築くことが大切です。

 

車検間近の車はあえて車検に通さない

 

車検切れが近くなればなるほど、査定金額が低くなるのは事実です。しかし、車検を通してから査定をしても、「車検を通すためにかかった費用」の元が取れるほど査定金額がプラスになることはまずありません。
つまり、「車検を通さないほうが得」と言えるのです。「新車の納入時期の都合上、どうしても車検を通さなければならない」などという特別な状況を除いては、車検を通すまえに査定を依頼することをおすすめします。

 

細かなキズやカーフィルムはそのままでOK

 

1cm未満の細かいキズは、じつは査定金額にほとんど影響を与えません。たとえ直したとしても、修理費用の元が取れるほどのプラス査定は期待できないので、そのまま査定に出すことをおすすめします。

 

車を少しでも高く売るなら年内に

 

査定士のチェック項目のひとつに「年式」があります。「年式」は、「初度登録年月(軽自動車の場合は初度検査年月)」によって決定され、その車の新しさを示します。

 

どんな車でも年式は1月1日に一斉に更新されるため、年が変わると年式が1年分古くなってしまいます。年式が新しい車の方が高く売れる可能性が高いので、年末に車の買替えを検討する場合は、早めに査定を依頼したほうがいいでしょう。

 

 

査定日には雨の日を選ぼう

 

雨の日には、中古車の持込み査定を依頼する人の数が減少します。しかし、1日の買取りノルマを設定している車買取業者は多いため、査定を甘くしてでも仕入れ件数を稼ごうとする査定士も存在します。

 

おすすめ「車一括査定」サイトはこちら